松戸南部市場に行ったらイナダが300円だったので捌いてみた

 

こんにちは、あやんぼです。

2019年12月18日、松戸南部市場に行ってきましたのでブログに内容を書きました。

ちなみにイナダを捌いた動画こちらです。

 

松戸南部市場で買ったイナダを捌いて刺身に

時間は朝の8時前です。初めて行く市場だったので駐車場が開いているか心配だったのですがいらざる心配でしたね。この段階ではお客さんは数えるほどしかいませんでした。

 

何を買おうか迷っていると「平子水産」のおじさまが「このイナダ300円でいいよ!」と声をかけてきてくれたので迷わず買いました。(ちなみにいつでも300円というわけではなく、その日の仕入れ値などによって値段は変わってきますのであしからず。)

 

それの写真がこちら!

松戸南部市場で購入した300円のイナダ

このまな板はふつうのサイズよりかなり大きいものなのでイナダが小さく見えてしまいますが、まあまあの大きさですよ。身体も分厚いです。これが300円で買えるなんてやはり市場はお得ですね。

ちなみにイナダは出世魚で、大きくなると「ブリ」とよばれるようになります。また、地域で呼び名が変わり、「ハマチ」とよばれることもあります。この季節だとくら寿司などでハマチが出てきますが、あれはイナダのことなんですよ~。

 

そして、300円で買ったイナダを刺身、漬けどん、ブリ大根ならぬイナダ大根にして食べました。

 

その写真がこちら!

松戸南部市場で購入したイナダの刺身

 

脂にも負けず劣らずの脂にノリ具合。ピンク色にきらきらと輝くほどです。ねっとりとした触感がたまりませんでした。漬けドンも最高です。

こちらが今回作った漬け丼のレシピです。

漬け丼のレシピ
しょうゆ:おおさじ2
みりん:おおさじ1
酒:おおさじ1
いりごま:おおさじ1
(1)火を通してアルコールを飛ばします。
(2)作ったタレが冷めたらイナダを入れます。
(3)冷蔵庫で1時間ほど冷やします。

 

松戸南部市場のイナダ【まとめ】

松戸南部市場の様子ですが、8時を過ぎたころからちらほらお客さんがやってきました。もしかしたら常連さんはこのぐらいの時間から来るのかもしれません。

ちなみに、8時でもお魚はそれなりにありました。しかし、ブリの冊などは売り切れでしたし、イナダも私が買ったもので最後でした。(平子水産の話。)

どのぐらいの時間に行くのがベストなのかまだわかりませんね。もう何回か時間をずらして訪れてみたいと思います。

 

今回は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事