ハチビキ(赤サバ)

 

こんにちは、あやんぼです。

 

今回は、市場でハチビキというお魚を買ってきましたので、さばいて料理しました。

 

ハチビキ(赤サバ)とは

ハチビキは赤サバと呼ばれることもあります。ですが、サバのように足が早くはありません。見た目もサバに似ているとは思いません(笑)

 

ちなみに漢字で書くと、「葉血引」と書きます。字のとおり、身の色は真っ赤です。

 

ハチビキ(赤サバ)の腹骨

 

まるでマグロのような身の色をしていますね。

 

「ハチビキは味が良くないとのことで市場での評価は低く、比較的安価で買える。」と言われていましたが、最近では脂がのったものは美味しいとされ、徐々に値段も上がってきてるとのこと。居酒屋でも出されたりするみたいですね。

 

ハチビキ(赤サバ)のおいしい食べ方【刺身】

ハチビキ(赤サバ)の刺身

 

まずは、お刺身ですね。マグロそっくりですね。

 

では、お味の方はどうなのでしょうか。

 

「パクリ!」

 

うん、マグロより少しかたさがありますね。身がしっかりとしています。脂の量はほどほどですね。何個もパクパクと食べられるぐらいですね。

 

そして、身が真っ赤なので、少し血の匂いがして臭いんじゃないかと思ったのですが、全く臭みはありませんでした。

 

今回購入したハチビキは、約2キロでした。

 

ハチビキは大きくなるほど脂がのって美味しいと言われています。小さいとその分、脂の量も少なくなるので、買うなら2キロぐらいあるものを購入するといいと思います

 

ちなみに、今回購入したハチビキは1キロで600円でした。価格はその都度変わるので、参考程度に。

 

ハチビキ(赤サバ)のおいしい食べ方【揚げもの】

 

全部をお刺身にするのは多すぎるので、今回はカツも作りました。

 

ハチビキは熱を通すと、少しパサパサしてしまうので調理するなら油を使った料理がいいですね。(マグロも熱を通すとパサパサするし、かなりマグロに似ている。)

 

そして、お味のほうですが、

 

「うん。デリシャス!!!」

 

臭みは全くありません。そして、水っぽさもありません。だけど、身が柔らかくでおいしい。あやんぼ的には、マグロのカツよりもはるかにおいしい。

 

そして、ハチビキのお刺身より、ハチビキのカツの方が美味しかった。とはいえ、お刺身もふつうにおいしかったです。

 

ハチビキ(赤サバ)のおいしい食べ方【まとめ】

ハチビキ(赤サバ)の刺身とカツ

 

ハチビキはどうでしたか?興味がある方はご近所の市場に行ってみましょう(^^)/

 

しかし、毎日必ずあるわけではありませんので、あしからず。そのかわりに、ハチビキ以外にも珍しい魚や新鮮な魚があるので大丈夫です。

 

今回は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事